イボの種類と治し方

主に顔にできるイボ

脂漏性角化症

=老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、老人性イボ

見た目では、ほくろ(良性腫瘍)・しみ(老人性色素斑)・皮膚がん(日光角化症、悪性黒色腫)
と違いがほとんど分かりません。

色は、肌色、褐色、黒色など様々で、形も平らなもの~盛り上がるもの様々です。

主に首にできるイボ

ウイルス性のイボ

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)
=水いぼ

非ウイルス性のイボ
以下のイボはいずれも良性のイボで大きさにより呼び名が違います!!

アクロコルドン
・・・小さくあまり盛り上がっていない。褐色

スキンタッグ
・・・アクロコルドンより少し大きめの盛り上がったイボ。

軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)
・・・スキンタッグが大きくなって5mm以上になったもの。老人性疣贅

懸垂性線維腫(けんすいせいせんしゅ)
・・・軟性線維腫がさらに大きくなって垂れ下がってきたもの。

主に目の周りにできるイボ

汗管腫(かんかんしゅ)
・・・汗の出口に出来る2mm程の良性腫瘍。
目の周りにでき易く、あまり目立ちません。

 

稗粒腫(はいりゅうしゅ)

・・・主に目の周りに出来る1~2mmのポツポツで目立ちます。
皮脂腺に角質が溜まることにより起こります。
害は無いですが、美容の観点から取りたい人が多いです。

イボの治療方法

・メスやハサミによる切除
(保険適用の場合が多い)
・液体窒素
(保険対応の場合が多い)
数回の治療の場合が多い。
跡が残る可能性があるので、顔にはあまり使用されません。
・レーザー(CO2レーザー)による切除
(保険非適用のことが多い)
比較的痛みも少なく傷も残らないことから顔にも使用されます。

 

 

⇒イボの治療の保険適用や料金はコチラを参考にして下さい!!

コメントは受け付けていません。